常滑市のえびせんべいや鬼まんじゅうや釜めし半田市のカブトビール大府市のぶどう

特産品や名物の数々

愛知県の尾張南部は気候も温暖で暮らしやすく、史跡や名所も多く観光地としても人気があります。そして尾張南部の知多半島は10市町で構成されています。まず知多半島の西に位置する人口約57000人の常滑市は、焼き物で有名で古くから窯業が盛んな土地です。そして常滑市と言えば地元の海からとれたえびが入ったえびせんべいが美味しくて人気があります。また常滑市のえびせんべいの里があり、えびせんべいを試食することができます。次に常滑市はまんじゅうの種類も多く、様々なまんじゅうを購入することができます。納屋橋まんじゅうは酒まんじゅうで明治時代からあるまんじゅうです。また蒸しパン風のさつまいもを使った鬼まんじゅうも有名です。それから常滑には知る人ぞ知る鳳来牛釜めし弁当もお土産として持って帰ることができます。それから知多半島の人口約117900人の半田市は知多の中心部と言える都市で、多くの企業が本拠地を置いています。半田市は観光都市で明治時代にできたビール工場の半田赤レンガ建物は多くの観光客でにぎわっています。そして半田赤レンガ建物では、昔ながらのカブトビールを味わうことができます。また瓶入りカブトビールをお土産として販売しています。またオリジナルバウムクーヘンやオリジナルクランチバーも販売しています。それから人口約91700人の大府市はぶどうの産地として知られていて、ぶどうをお土産として持ち帰ることができます。

New Posts